人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2010年 09月 13日

the suspension II

the suspension II_b0049658_16132387.jpg

勉強したい方は、どうぞ。
http://www.freeml.com/search/wiki/%A5%B7%A5%E7%A5%C3%A5%AF%A5%A2%A5%D6%A5%BD%A1%BC%A5%D0%A1%BC
私の要望は、フリクションがなく、減衰発生のタイムラグなく、各減衰量調整が他の減衰量に極力干渉しない(わかり易く調整できる)・・・結局基本的なところがしっかりできたものです。
まったくの同条件とはいきませんが、なるべくスプリングをはじめ同条件にして比較的新しい2本のDHXシリーズと比較すると、この「特製バニラRCアマチュアペダル」はサグ量が多く取れています。私のように軟らかいスプリングを使用する場合ほど、やはりフリクションが・・・減衰量も、押し、戻り側共に実用的な量に合わせダイヤル中央付近で調整し易いのもGOOD! このユニットなら自転車では多い「逆付け」もせずに済みました。
時効だと思いますので・・・昔、まるでフリクションが減衰機構(渋さが減衰量やタイムラグに貢献?)を担っているようなユニットが絶賛されたこともありましたね。
ただ、この「バニラRC」のように細いロッド仕様のユニットは、精度が悪かったり剛性が確保されていないことでユニットにストレスをかけるフレームで使用すると「噴く」場合もありますよ。

by kbrosf1 | 2010-09-13 17:16 | 徒然 | Comments(2)
Commented at 2010-09-13 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kbrosf1 at 2010-09-15 17:41
これはこれは、Mさん!ほんと御無沙汰ですね。その後私は仙腸関節やら眼やら悪くしまして、お店は今でも開店休業状態です。ただ皆さんのお陰で、仕事関係無しの「自転車遊び」もできるようになり毎週末堪能しております。
そうですか、そんなユニットがあるんですか。まったく知りませんでした。ぜひ使ってみたいものです。
こちらこそ、お会いしたいですね。栃木近辺に出没すような事がありましたら、ぜひ連絡して下さいね。
こんなマイナーなホームページを御覧いただき、どうもありがとうございます!


<< 303 musical V (...      the suspension >>