人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2011年 11月 05日

C.C.D.B.(ÖHLINS) musical II

C.C.D.B.(ÖHLINS) musical II_b0049658_1283253.jpg

303と異なり、同じYETIでもレールのないAS-Xは、特にLOW COMPのかかり方が手に取るようにわかります。あっという間の調整で何も言う事のないライディングが可能・・・夢でした。MISI師匠と共に約20年間悩み続けてきたことが「一体何だったんだ?俺達の20年を返してくれ!」と言いたくもなるTHE REAR SUSPENSION!フレーム可動部、ユニット本体のフリクションが無く、取り付け精度、実可動時の理想的な環境(spherical bearing等)、各減衰調整が「わかり易く」きちんとされる、そして常に減衰が効いている、当たり前の事が当たり前であれば、こんなにも違う事が今更・・・というのがちょっと悔しいですが、今日のDouble Barrel仕様のAS-X初ライド、新しい夜明け?を感じながら山から戻ってきました。特にこのAS-Xのリア24インチ仕様の短所は掻き消され、恐らく市販の同クラスフルサスフレームの中でも最軽量のアルミリアバックと相まって、Double Barrelの素性がより明快なのでしょう。付属のユニットでは「現実的に」難しかった、スプリングレートを落としてストロークダウンポジションにする事も理屈どおりにできました。生産中止を聞いて運良く2009年9月にオークションで手に入れたフレームですが、私にとっての「魔法の絨毯」が完成、約2年がかりでした。
これから私の場合、「どのメーカーの何という機種に乗る」ではなく、「Double Barrelに乗る」という事が続きそうです。言い換えれば、「Double Barrel」に理想的な環境のフレームなら何でも良い!という事ですね。

by kbrosf1 | 2011-11-05 09:46 | 紹介/参照 | Comments(0)


<< 303 RDH bros      early bird spec... >>