人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2012年 05月 06日

For suspension junkies II

For suspension junkies II_b0049658_15492782.jpg

サスペンションの減衰の掛かり方は別として、フリクションさえ無ければ機種によっては、まったく減衰が掛からないバネだけの状態から固着とかロックアウトまで、わかり易く調整できるものがあります。これがビギナーさんには最もわかり易く勉強になる機材だと思います。また機種によっては、現実的な減衰の範囲で調整できますと説明しながらも、特に低レートのスプリング使用で低温(冬場等)の環境で、ダイヤル開放でも減衰が抜くに抜けない、さらにはフリクションと相まって何が何だかわからない「ドツボ」に陥る相談もよく受けます。
言うまでも無く、同じ体重のライダーが同じ場所を乗っても、スキルやスタイルでセッティングは変わります。そんなもん、遊んでるうちにわかってきます。何の言い訳や理屈無しに、何も知らない、わからないスタートラインのライダーさんに、すぐに感動を与えられる、もっともっと易しくて優しい商品が提供できるよう、メーカーさん、ディストリビューターさん、そして小売店さんで努力していかなければなりませんね。
このバイクの前後サスペンション、かれこれ10年近く付き合ってますが、乗った時に「最高」です!ただ、取っ替え引っ替え磨いちゃ作って・・・これまでの作業時間は、少なくとも数十ではなく数百時間になるでしょう。
毎年恒例、「サクラ」の後は「ツツジ」がきれいです。さらにこの後は「アジサイ」ですね。

by kbrosf1 | 2012-05-06 17:36 | 紹介/参照 | Comments(0)


<< The star perfor...      For suspension ... >>