人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2013年 03月 28日

rear derailleur

rear derailleur_b0049658_18454443.jpg

久しぶりの旧型XTリアディレーラーの登場です。振り返れば、ショップをやっていた頃に最も作業したパーツのひとつです。仲間内で現実的にオフロードではロングゲージが使い物にならない事を知ってから、完成車のほとんどがロングゲージタイプが付いてくるのを全てミドルゲージに変更させられました。もちろん単品購入は初めからミドルゲージ、残念ながら当時のMTB用ではXTとXTRのみでした。さらに、デフォルトでは「弱」設定のPテンションスプリング圧も当然「強」にします。シマノの設定は強弱2ヶ所ですが、仲間の一人はドリリングして、さらに強いポジションで使っていましたね。この小さなスプリングだけでチェーンテンションをキープしていると思うと、当時ちょっと恐くもなりました。特にリアセンターの長いフレームや、ストロークでリアセンター間の長さが激変するタイプのフレームでは、この作業をしないとチェーンデバイスがきちんと装着されていてもトラブルを引き起こし易いものでした。やはり今から思えば「過渡期」ってやつですね。
当時多く質問されたのが、Pテンションスプリングのデフォルト弱設定とキャパシティーでした。これは変速のスムースさと引き換えなので、当然「なめらか」な変速ではなく「下品」な変速になります。メーカーさんやショップさんは、特にハイグレードのパーツ程、初めからやりませんよね。スプリングの耐久性もあるでしょう。故に私は保管時は必ずリアトップにしています。それからロングゲージで例え数値上のキャパシティーをクリアしても、フロントインナーとリアトップのような組み合わせ、ほとんどテンションがかからないポジションでは恐ろしく乗れません。私は現在フロントトリプルの自転車は所有していませんが、所有していた時はフロントアウター及びミドルとリア全速、フロントインナーはリアロー側から約半分(しか使わない)と割り切れば、Pテンション「強」のミドルゲージはチェーントラブルの確率が低いという点で安全かつ、静か(チェーンがあばれてフレームなどにヒットする確率も低い)、ずっと使い続けていました。
当時大量に取り寄せたミドルゲージのプレートが3セット残っていました。このリアディレーラーも「使える」強テンションミドルゲージに生まれ変わります・・・

by kbrosf1 | 2013-03-28 19:51 | 紹介/参照 | Comments(0)


<< rear hub      thicket MTB ride >>