人気ブログランキング |
2005年 02月 22日

ユニット

ユニット_b0049658_16291896.jpg

F.サスをチェンジしてみたら同じバイクでも激変した、なんて経験をお持ちの方々は多いと思います。R.サスユニットも同様、バイクの性格が変わります。これらも自転車の楽しみのひとつでしょう。残念ながら現在、市販品のR.サスユニットの俗に当たり外れにはすごいものがあります。オイルが噴いてしまったり、使用中突然異音を発生してみたり、OOO機構が働かない、特に私のように体重が軽いライダーがレートの低いスプリングを使用すると、戻りの減衰調整を最弱にしても、どっこいしょ、というくらいモッサリしてたりで・・・最近の押し側の減衰の強いタイプは振動収束スピードが速いのが長所、その分以前のタイプより戻りを速くしても乗れる筈なのにその良さが生かせません。さらにはF.サスとのバランスを取るセッティングにも限界が・・・言い換えれば、こんな良いフレームなのに、もったいなーい!なんて思います。何がいいんですか?という質問が多いのもわかるのですが、外れでないものをライダーの好みに合わせれば当然何でも良いとしか言えません。私も一消費者、ペダリングが軽いだの何だの言う前に、根本的な部分でメーカーさんに完成度をもうちょっと高めてもらいたいものです。

by kbrosf1 | 2005-02-22 17:17 | 紹介/参照 | Comments(0)


<< 乗り出すときがスタート      この小さなスプリングが・・・ >>