人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2015年 02月 09日

DT SWISS

DT SWISS_b0049658_17162410.jpg

まだ135mm規格では選択も多いのですが、特に150mmや142mmなど、比較的新しい規格のリアハブのノッチ(ラチェット)数は年々多くなるばかり・・・より空転が少なくなり加速します、キックバックの多いタイプのロングストロークバイクですら、ストロークストッパー?として働き加速します・・・良い事ばかりですね。
考え方が間違っている?私は、ちょっと違います。自分のコントロールできない加速など言語道断、サスが仕事をしようとするのを邪魔するなら、グリップは失うは、ブレーキも効かなくなるは・・・加速は自分の意思でするもの、サスに良い仕事をさせて、その分タイヤのチョイスや空気圧を高くした方が加速性だけでなく、安全性、耐パンク性、コントロール性等のメリットはずっと大きいと考えています。それより、私は脚にカツンと来ただけでションボリ・・・フロントサスと異なり、レバー比を稼いだり、ドライブトレインやブレーキの影響も考えなければならないリアサスは、妥協しなければならないファクターがたくさんあります。例えばセールストークにおいては、ロスがないとか、キックバックがないとか、自分の都合の良いところだけを言っていますが、一般的にはキックバックの多いタイプの方が後輪の軌跡は理に適っていたりします。さらには、カタログではわからない、あらゆるシチュエーションでサスが極力良い仕事をできる「造り」かどうかなど、これもまたライダーの体重やスキルでも良し悪しが変わります。という事で、最終的には自分で確かめるしかないようですね。
そうだ、京都行こう・・・ではありませんが、そうだ、DT SWISSが・・・初期型HAYES純正ハブを思い出して探しました。危ない危ない、アップグレードと称して、ラチェット数を18から36へ増やすキットなんぞも販売されています。キックバックの多いロングストロークバイクも愛する私からすれば、明らかに自殺行為、ダウングレードです。150mm規格で18ノッチというのは、恐らく最も少ないのではないでしょうか。さらには、このタイプのフリー構造なら、簡単にもっと少なく改造できそうですね。今回は初めてポーランドから、価格も送料も安く送ってもらいましたが、一週間で届きました。
余談ですが、新型DEMO8のメインピボットがBB同軸になったのも、ほんのちょっとは多ノッチハブを考慮したのでは???

by kbrosf1 | 2015-02-09 18:20 | 紹介/参照 | Comments(2)
Commented by IKZW at 2015-02-19 12:01 x
ノバテックのリアハブ調べてたら24ノッチでした。
Commented by kbrosf1 at 2015-02-19 20:51
IKZW君、ありがとう!


<< INTENSE M3 VI      I can't get... >>