人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2005年 05月 19日

Pedaling Influence

Pedaling Influence_b0049658_182151.jpg

ペダリングのサスへの影響が無いリアサス形式が理想と考えますが、特許やコスト、現在の自転車のドライブトレインなど諸事情による制限のある中、各メーカーさんは改良を加えてきました。もちろん形式だけで是非を問うのもナンセンス、一般的に言う「造り」の良さ、バラつきの無さ、アッセンブルするパーツ類との相性、そしてRサスユニットの性能等他のファクターも含め総合的なもので判断しなければならない事は言うまでもありません。
支点がひとつしかない大多数のフレームにおいて力点と作用点が変化しない工夫をしてあるH社のバイクなどを除き、力点のフロントのチェーンリング、作用点のスプロケ、さらに後輪の重量やタイヤの種類、空気圧、Rサス特性などで俗にコギの軽さは激変します。
この自転車はフロントのインナーに20Tを使い、支点(チェーンの上奥に見えるメインピボット)の下にチェーンとチェーンリングの咬む位置の力点を置くことで、ペダリング時は1Gを減らす力が働き、つまりRサスを押し込むのではなく引っ張って、シッティングの後輪加重ぎみの登りでは独特のペダリングの軽さが得られます。Influenceを逆手に取ってeffectとも言えなくもないですが・・・

by kbrosf1 | 2005-05-19 19:49 | 紹介/参照 | Comments(0)


<< 規格      五月道 >>