人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2020年 08月 15日

Hobson's choice IV

Hobson\'s choice IV_b0049658_17295309.jpg
私の長年のバイクセッティングの中で、自分の好きにできなかったものがサドル高とステム長でした。サドル高の愚痴は以前の記事どおり、ステム長はハンドルを低くする為にデュアルクラウンのインナーチューブ上端より低くフラットバーをマウントするには、フロントサスのメーカーで多少違えど最低50mmないと干渉する場合が有るため、私のバイクは全て50mmで統一されています。という事で、どのバイクもハンドルとサドルの位置関係も全て5mmと違わないポジションです。でも、多少不満がありながらも、これで何十年と慣れて来た事が、eMTBで最高のパフォーマンスを発揮できるとは思いもよりませんでした。下り用バイクのサドル高を高くせざるを得なかった事が、ドロッパーポスト不要になり、バイクの高重心を避けられ、さらにハイスピードで上り下りを繰り返すeMTBで興ざめなドロッパーの操作など不要です。
そんな私に届いた過去に利用した中国のショップからのメール、流行りの?オイルスリック色のステム50mm、なんとハンドルシムも付いて送料込み1000円、ポチッたのを忘れていたくらい期待していなかったのですが、届いたらとってもラブリーでした。OKS師匠にも勧めた超薄型ペダルやFANTICで使っているカーボンハンドルバーといい、選べば(ここが肝心)、激安で良いものが手に入りますね。
https://kbros.exblog.jp/28998602/


by kbrosf1 | 2020-08-15 18:09 | 徒然 | Comments(0)


<< 高峰 e-MTB ワールド X...      The Chiyoda Alp... >>