人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2022年 08月 05日

flashback III

flashback III_b0049658_16264335.jpg
当時、ニューヨークの私の隣のアパートに住んでいたある女性の職業はhooker(写真の女性?ではありません)、仲良くなって誘われたのはなぜかゲイのパレード、エイズが流行っていた時代、私の日本の地元の噂では私はエイズでお亡くなりになっていました。無知からくる憶測、偏見や先入観が故、無理もありませんね。日本ではまだeMTBも一部そんなところがあるようです。日本に戻ってくる際、彼女に体だけは気を付けて元気でいてと言ったら涙を流してくれました。そんなことを思い出させてくれた曲です。

by kbrosf1 | 2022-08-05 17:15 | 徒然 | Comments(5)
Commented by OKS at 2022-08-06 00:11 x
さすが馴染んでますね。
なぜかラテン系の国(スペイン、フランス、イタリア)は、安宿(1500-5000円)街と風俗街が混在していて街角に立っている人たちの多さに最初は驚きましたが…合法的な自営業なんですよね。だんだん馴染んで風景になっていきました…
有名なフランスのブローニュの森…街角に立っている人から、ベンツやビ-エムの運転席に下着でいる。ミニバンの運転席にいて後ろが仕事場で…仕事なんですよ。

ニュ-オリンズの女郎屋で人生おしまいですみたいな…そんなに単純なものではないように感じました。
https://www.youtube.com/watch?v=RsABMDuV5BM

Commented by OKS at 2022-08-06 00:30 x
朝日のあたる家 ちあきなおみ
https://www.youtube.com/watch?v=8wydnzOt2OU

歌詞は原曲とはずいぶんちがう。昭和の強烈な歌唱ですな。
Commented by kbrosf1 at 2022-08-06 12:38
> OKSさん
そのようですね。調べたらこの曲は、マドリードのストリートで働く娼婦たちを描いた映画「プリンセサス:Princesas」の主題歌で、「Colectivo Hetaira」(女性セックス・ワーカーたちのための権利保護団体)という地元の組織に保護されながらマドリードのストリートで働く女性たちに捧げられているんだそうです。世界最古の職業とも言われるもの、たくさんの想像を絶するドラマがあったことでしょう。ちあきなおみは喝采しか知りませんでした。
Commented by OKS at 2022-08-06 21:10 x
そんな曲でしたか…

Never on Sunday(日曜はダメよ)
https://www.youtube.com/watch?v=2Wap_KyNF_s
底抜けに明るい街の人気者の娼婦が主人公の名画
監督脚本主演のダッシンは赤狩りでアメリカを追われた人ですが、この豊かな感性…
日○の左巻とはモノがちがいますな…

Commented by kbrosf1 at 2022-08-07 08:44
> OKSさん
誰でも耳にしたことのあるようなこの曲が、こんなストーリーだったとは・・・いや、これはおもしろい!


<< The Chiyoda Alp...      Mondraker gran ... >>