人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2023年 08月 24日

雲海閣

雲海閣_b0049658_17300285.jpg
宇都宮出張があったので、ちょっと足をのばしてみました。恐る恐るお化け屋敷のような通路の先へ・・・私には師匠がついていて只今温泉修行中の身なんですと常連さんに話したら、私にはまだ早すぎる45度くらいだった熱い方を44度くらいに湯もみしながら湯温を調節してくれました。ご親切には応えなければなりません。ア・チチ、ア・チ!燃えてるんだろうか、何とか入れましたよ!どこの温泉に行っても私はなぜか、常連さん達のいじられキャラになってしまうようです。この前仲良くなった大丸ガーデンのおばちゃんとここが、最近マツコさんの番組で紹介されたとのことです。

by kbrosf1 | 2023-08-24 18:00 | 紹介/参照 | Comments(8)
Commented by OKS at 2023-08-24 21:00 x
ついに私の常宿へ…
波立っている+熱い湯口で、もう一人前です。
廊下をおりる右手の奥に、更に激アツの明礬泉があります。
宿の主人とはよく話し込む仲ですよ。

Commented by OKS at 2023-08-24 21:13 x
年に数回あるかどうかかと思いますが、冬場で大雨が続くと湧出する溫泉の温度が下がり、源泉ドバドバで、湯の鮮度が高くて透明になっているときがあります。これが最高ですね。
硫黄泉系は、鹿の湯系のような空気に触れて酸化して白濁するものと、細かい湯の花で白濁している福島の中ノ沢・沼尻温泉や新潟の燕温泉なんかがありますが、酸化前の溫泉の鮮度感がゴイス-です。

Commented by kbrosf1 at 2023-08-24 22:17
> OKSさん
泉質が良いのか、これまでで最も熱いものに入ったからか、戻ってからの感覚がこれまでとは明らかに違います。自分でもようやくひとレベル上がったような気もしますが、激アツというのはもうちょっとお待ちください。ご主人はいなくて常連さん2名がガイドしてくれました。
Commented by kbrosf1 at 2023-08-24 22:27
> OKSさん
またまた~、そんな話聞いてしまうと頭から離れなくなってしまいますよ。やはり鮮度ですね。後でまた詳しく話を聞かせてください。よろしくお願いします。
Commented by 閻魔蟋蟀 at 2023-08-24 23:19 x
穴場中の穴場でしたが、とうとう、しかもマツコの番組で紹介されてしまいましたね。
Commented by kbrosf1 at 2023-08-25 08:26
> 閻魔蟋蟀さん
知ってたんですね。ただ、後から来た常連さんによると、あまり影響がないようなことを言ってました。恐らく一般人にはハードルが高いようで・・・
Commented by OKS at 2023-08-25 12:27 x
あそこは、ご主人さんがいなくても常連さんがフォローしてくれるところがいいですね。
聞いた話では、浴室の切れた電球の交換とか簡単なメンテナンスは常連さんがやっているとか…
ぼろ宿マニア(そういうジャンルがあるんですね)にも人気ですね。
http://boroyado.doorblog.jp/archives/cat_57418.html
ぼろ宿ですが、トイレはきれいな洋式水洗に改装しています。
冬場の宿泊は隙間風ピューピューで石油ファンヒーター全開でも室温が10度くらい、夜中に石油がなくなると-3度くらいで、コタツと温泉で過ごす温泉天国が待ってますよ。
Commented by kbrosf1 at 2023-08-25 17:50
> OKSさん
素晴らしい温泉でした。また行きます。おかげさまで宿泊はしていませんが、すでに私はぼろ宿マニアの入口に立っていますね。でもぼろ宿でも生き残っているのには理由があるわけで、逆に今だからこそ価値あるものだと思います。まだビギナーですが、いつかコタツと温泉で過ごす温泉天国を味わってみたいと思います。


<< 光の道 IX      by the river >>