人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2024年 05月 10日

Night In Japan

Night In Japan_b0049658_19585681.jpg

古いものを全て蹴散らしてしまうような素晴らしい演奏です!Z世代から学ばなければ・・・
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

by kbrosf1 | 2024-05-10 20:13 | 紹介/参照 | Comments(18)
Commented by OKS at 2024-05-10 21:04 x
この演奏はいい。
スタジオにさりげなくあるORANGEのギタ-アンプもカッコいい。

こういうのからジャズ聞き始めたなあ。オジサンは古いから…
https://www.youtube.com/watch?v=EPRCH0Qomw4

https://www.youtube.com/watch?v=GGo_g62XG-k&list=PLUJ7V33M1wR05mAtI0RkzIqE68u7kOcat

Commented by OKS at 2024-05-10 21:26 x

ラッパのベルが天井を向いていて、フグのように膨らむ頬…この人も衝撃的だったなあ。
https://www.youtube.com/watch?v=Q-SYoldqi64&t=3s


Giants stepsがこうなるのか…こりゃ世代がちがうなあ。
https://www.youtube.com/watch?v=pdEAcg8xLG8

Commented by kbrosf1 at 2024-05-11 07:41
> OKSさん
私はオジサンどころか、いよいよ老人です。今のところは新しいものに興味を持てていますが、いつの日かついていけなくなる時が来るのでしょうね。
Commented by kbrosf1 at 2024-05-11 07:57
> OKSさん
もっとたくさんの人がラッパ吹きになれば、もっと人間のほっぺたは進化するかも。当時世の中に衝撃を与えただけでなく、今このZ世代の若者達に演奏させる曲を作っていますからね。偉大です。
前にも紹介したかもしれませんが、私に時代が変わったと感じさせる一曲でした。
https://www.youtube.com/watch?v=q8Li2CTb1RI
Commented by OKS at 2024-05-11 22:04 x
レジェンド達も登場したときはイケイケの若手だったハズで…
こりゃスゴイ。新世代ですわ。
Commented by kbrosf1 at 2024-05-12 14:58
> OKSさん
年配者は往々にし若者達を見下ろしますが、賢き若者達は黙って年配者を見極めていることも忘れてはなりませんね。高峰で話したように明らかにスタートラインが違う人間は存在します。おかげさまで明らかに師匠とはレベルが違えど温泉を楽しんでいますが、私だけでなくすでに高峰では温泉の話が上がり盛り上がっています。
Commented by OKS at 2024-05-12 20:45 x
東北の温泉地は、4月半ばに冬期休業開けです。八幡平アスピーテラインがGW頃に開通し、秋田-岩手の栗駒街道282号線が5月末に開通したころから山岳系温泉地も本格化する感じですね。そろそろGO…

八幡平アスピーテライン Aspite Line 八幡平樹海ライン Jukai Line
https://twitter.com/iwate_doboku

https://kurikomasanso.com/21.3.27-MAP_282_toki_tsukodome_keizokutyu.pdf
泥湯・須川高原温泉への接続ル-トの栗駒街道282号線-まだ未開通

Commented by OKS at 2024-05-12 23:06 x
岩手県 須川高原温泉 ここもいいなあ。
ホテルのすぐ隣の岩山から源泉がわき出していて。
http://sukawaonsen.jp/onsen.html
ここから300m離れた栗駒山荘は、同じ源泉ですが、300m配管を通るだけで、「マイルド」になり、お客さんは栗駒山荘の方がはるかに多い。
マニアが須川高原温泉の鮮度感を味わうなら中浴場「霊泉の湯」ですが、現在補修中で入浴できず(いままで6泊くらいしたけど、霊泉の湯は独泉でした)。修理完了まで待ちだな。
写真見ると改修したようですね。昔は横から滝のように湯が注がれていましたが…
一ノ関から須川高原温泉の途中「須川岳秘水ぶなの恵み」このわき水が美味い。

https://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou/e/bd09aa61ad41d5cb59574c7c0861bca0

Commented by kbrosf1 at 2024-05-13 10:30
> OKSさん
シーズンは6月からというような所へは行ったことがありません。未知の世界です。
Commented by kbrosf1 at 2024-05-13 10:48
> OKSさん
おいらん風呂だの、そして霊泉の湯、そそりますねえ。ただ、少なくとも45度は卒業していないと行けませんね。驚いたのは・・・内湯でプカプカ浮いて彼方に行く方が年間に何人かいると、霊感は無いので怖くは無いし逆に温泉好きとしては湯船で逝けるなんて羨ましい限り・・・これが温泉道というものでしょうか?
Commented by OKS at 2024-05-13 20:32 x
白濁系硫黄泉も、燕温泉,中ノ沢温泉・沼尻温泉のような湯ノ花で白濁する温泉と、鹿の湯,須川高原温泉のように透明な温泉が空気に触れて酸化して白濁する湯があります。
源泉温度が60度を超える鹿の湯系も冬場で雨が続いたあとには48度で透明ということがあるのですが、なかなか出会えません。
須川高原温泉の霊泉の湯は、源泉温度としては48-52度と低めで、源泉から近いため、酸化していない透明なままの硫黄泉をいつでも味わえるという意味では、究極の鮮度感なのです。
蔵王温泉共同浴場や恐山の共同浴場の酸性硫黄泉の鮮度感も抜群ですけど…
須川高原温泉は電気もきていないので自家発電です。雪深い山奥の湯:姥湯・藤七温泉等々のディーゼル発電機の低周波音と軽油臭もまた秘湯の味わいです。

48度前後の湯は、飯坂温泉共同浴場、夏油温泉大湯、渋溫泉竹の湯、東鳴子温泉馬場温泉共同浴場、湯ノ花温泉石湯、大深温泉(止めるなと書かれた加水用の水を止めたら危険です)、鹿の湯、雲海閣等ありますが、車や歩きで移動することが準備運動になり、飲んでから入る事はなく、近くにぬる湯もあるので、身体が順応しやすいのでしょう。

霊泉の湯は、大浴場から離れていて、激アツ一発勝負で、温度や鮮度や硫化水素に加えて、宿泊して生ビ-ルなんぞ飲んだ後だと、アカンでしょうね。

プカプカは究極の温泉道かもしれませんが、やはり生きて帰ってこそかな。

https://www.youtube.com/watch?v=JXWJRXKUh-Y

Commented by kbrosf1 at 2024-05-14 08:07
> OKSさん
プカプカ、初めて聴きました。私も温泉でプカプカは嫌ですが、温泉に入ってプカプカを口ずさみたいですね。でも今の私にそんな余裕はなく、熱さに耐えるのが精一杯です。去年温泉に行った限りで私が印象に残った温泉はやはり鮮度です。酸化していない透明なままの硫黄泉、究極の鮮度感・・・ここへ行きつけるよう、今年も修業したいと思います。
Commented by OKS at 2024-05-14 21:36 x
須川は遠いので、まずは蔵王温泉から…行くべし
熱いけど45度は超えないかも…

すのこの湯 かわらや…極上です。
源泉の上にすのこ置いて湯船にしたという
https://www.kawarayaga.com/onsen_jiman.html

上湯・川原湯・下湯 共同浴場
蔵王温泉 大露天風呂
https://www.visityamagata.jp/topics-zaohigaerionsen-matome/

温泉に耐えられるように身体を鍛えておきましょう
https://www.youtube.com/watch?v=qy2aGW_sz2c

Commented by kbrosf1 at 2024-05-15 19:51
> OKSさん
うちから片道267kmでした。PCX弾丸日帰りコースで今年中には行ってみたいと思います。
またすごい歌を御存知で、からくもという部分が冷静さを維持できる限界点を上げさせようとしていますね。私はすでに若者ではないので、簡単に音を上げさせて下さい。
Commented by OKS at 2024-05-15 22:08 x
高速道路で福島-山形と移動する場合ですが、トンネルが多く山中を走る山形道を夏の夜間に走ると虫でフロントガラスがデロデロになります。昆虫の油でギラギラで前が見えません。スタンドでガソリンを入れた際に掃除してもらいました。
東北道だとこんな事ありませんが、山形道恐るべしです。山形は暗くなる前に着く・出るほうが良いでしょう。
山形に足を踏み入れると…いずれは姥湯(肘折温泉・小野川温泉等)へ
また、福島の宮城よりの高速道路は標高が高いせいか、夏の午後から19時くらいに強烈な雷がきて全く前が見えなくなります。真夏の福島-矢板あたりは、スマホの雨雲レ-ダ-みておかないとエライ事に
行った事はありませんが、蔵王山の火口湖「御釜」もキレイなところらしいですよ。
Commented by kbrosf1 at 2024-05-16 12:47
> OKSさん
高湯(磐梯吾妻スカイライン)に行った時同様高速は使わず、夜明け前から4号線をひたすら白石市まで北上し、戻りは上山市に出て121号線で南下する周回を考えています。高湯(福島市)からそんな遠くないんですね。
いいこと聞きました。これまでも時々気になっていたPCXのウィンドスクリーンの清掃用具を用意します。それと私が最初に見る天気予報tenk.jpの一時間天気にも出てこない雷雨アタック、私も一度黒磯あたりでやられました。特にオートバイは地獄です。
御釜、有名ですね。魔女の瞳、そして見てきた四万ブルー、温泉地の湖は神秘的です。
Commented by OKS at 2024-05-17 01:22 x
山形は福島の隣ですから、意外に近い。

こんなのも…
斜度20度を超える激坂+すれ違えない狭い道+落ちたら終わりの恐怖感
バイクなら…一度に回れそう。

姥湯温泉
https://www.youtube.com/watch?v=qaPHt8VadA0

https://minkara.carview.co.jp/userid/644014/blog/47301849/

https://chage.exblog.jp/12117033/
紅葉時期は葉っぱで滑るのでキケン倍増
雨の日だと四輪駆動でも滑ります(タイヤが1つ浮くとか)。

大平温泉 滝見屋
https://www.youtube.com/watch?v=2qWEM1-_QL4
湯はまあそれほどでも…道中がスリリングです。
ガ-ドレ-ルのない180度タ-ンが延々と続き…姥湯温泉の道中の倍疲れました。
軽の代車で行ったら、最後はオ-バ-ヒ-トすれすれ…時速5キロで上がりました。


Commented by kbrosf1 at 2024-05-17 19:04
> OKSさん
本当にいろんな温泉に行ってるんですね。去年教えてくれた温泉の整理もつかないままに、今は「いつかは八幡平」を夢見ながら、まずは福島から蔵王あたりのエリアでしょうか。まだしばらくの間は日帰りの方が都合がイイもんですから・・・姥湯温泉の露天風呂、気持ち良さそうですね。


<< その日は必ず来る      ミラクル・バイク >>