<   2004年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 25日

THE BIKE MARKET/04年の反省~05年へ向かって

やはり私も憧れるのは、高額商品であろうとお客様が使って気に入らなかったら全額返金します、という事だけの説明で売る商売です。ストレートにかっこいいと思います。なぜなら売る側にお客様の満足を完全に見抜ける実力を持ち合わせていないと、とんでもないリスクになるからです。私も一消費者です。何かを購入する際の消費者側のリスク(不安)をほとんど払拭してくれるこの言葉を出してくれるお店にはほとんど出会ったことがありません。私も一人間です。自分の都合の悪くなるような事はあえて言わないでしょう。ここが肝心なところです。だからこそお互いのリスクを少しでも軽減できるコミュニケーションや工夫が大切ではないでしょうか。
一般的に道具にオールラウンド性を求めると最後は必ずどっちつかずになります。使用者すべてに良い道具なんて存在しません。MTBも例外ではなく年々多種多様化しています。例えばフロントサスが良い例です。一昔前では信じられないくらいの機種とグレードが販売されるようになりました。特に初めて購入しようとするお客様にすべてを言葉だけで説明しようとしたら学校を作って授業に出て欲しいくらいです。
商売はある意味、これでどうだ!という価値観の押し売りでもあるのですが、忘れてはならないのは売る側が供給する前に需要にどれだけ適応させられる能力があるかだと思います。それには普段から色々な角度、視点で物事を捉えられるよう努力しなければなりません。人にはそれぞれ事情というものがあります。そして好みや欲しがる部分が違います。以前あった話で、リアセンターの長いDHバイクをそれだけで否定した方がいたのですがリアセンターの論議は別として、あるライダーはロングストロークのDHバイクに乗りたくても背が小さくサドルが下げられずなかなか選択肢がなかったところ、やっとリアセンターの長いもので実現できたという事がありました。ちなみに私もチビ(正確には短足)なので、特にリアセンターの短いDEMO9のタイヤに干渉しない最低サドル位置はほぼXCポジションのサドル位置です。
最後に神が創ったかどうかは私もわかりませんが人間そのものから比べたら、所詮人間が作った自転車、はっきり言って簡単です。より豊富な経験、視点、アプローチを身に付けながら、お互い自転車ライフをより充実させましょう。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-25 23:16 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 23日

DEMO9 FOX ver.1.2

b0049658_16375896.jpg

これが本日シェイクダウンのDEMO9です。DEMO9のシャーシー特性とRサスユニット特性を多種多様の組み合わせでテストするものの中の1台です。現時点ではストリーム系の用途でFOXとの相性を好むライダーが多く、落ち系の用途でMANITOUといった感じですが・・・
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-23 16:48 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 23日

FOX DHX

b0049658_235365.jpg

SPVとかPRO PEDALとか聞くと、ペダリングを軽くする事ばかりに視点がいってしまいますが、FSRリンクやVPPなどリンク構造でペダリングインフルーエンスの出にくいものほど逆にRサスセッティングのバリエーションが広がると思います。巷では何がいい何が悪いなどと色々なお話を聞きますが、何を使ってどう料理するかが肝心ではないでしょうか?セッティングはどちらかを立てればどちらかが立たずです。ペダリング、振動収束スピード、挙動変化、グリップ・・・諸々のファクターを考え、単にフレームとかサス、タイヤ単体ではなく、すべての組み合わせでそれぞれの担当、役目を考え、総合的にそれぞれの弱点を補い合える少しでも高い次元での妥協点を見い出す事が大切だと思います。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-23 03:09 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 17日

Specialized 05 DEMO9

b0049658_16375763.jpg

これが余り物で作ったマル秘OOO車両、17ヶ所の小細工がしてあります。ライダーはたけい君。高峰で見かけたら声をかけてあげて下さい。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-17 16:46 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 11日

TAKAMINE CUP 2004

b0049658_1834141.jpg

12月10日の茨城新聞です。掲載されたライダーは、ラッキーなるOま君でした。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-11 18:05 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 11日

SHIMANO BL-M800

b0049658_15521345.jpg

追加されましたSAINTのブレーキレバー、オイル、ホース類のパッケージです。新しいラインナップのシマノのハイドロディスクですが、一度きちんとアッセンブルすれば制動力と安定度はピカイチです。とにかくアッセンブル時の最初が肝心です。やっとオートバイや車並みのメンテフリーに近づきました。ただし油量の少なさや取り付け強度や精度、転倒からのストレス等、安全という点で重要パーツですので定期的な点検を怠らない事は言うまでもありませんね。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-11 16:18 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 09日

HADLEY

b0049658_2025615.jpg

只今このSDH RハブでVER.4.0、確実に進化し続けているHADLEYです。ちょっとしたコツと工夫で、良いコンディションで永く使える優れものだと思います。初期ものですが私は個人的にF/R7セット、すべてノントラブルで現役で活躍してくれております。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-09 20:15 | 紹介/参照 | Comments(2)
2004年 12月 09日

THE BIKE MARKET

K.BROSは自転車店というより同好会といった感じです。そしてお客様、仲間全員がテストライダーでもあります。賢明なメーカーさんほど、通常の商品開発テストといったものばかりでなく、あらゆる意味でビギナーさんから一般上級者、レーサーまで、さらに多種多様の場所ライディングスタイルといった、できる限りのあらゆる環境でのデータの大切さを知っています。俗にマーケティングリサーチなどと言われるものですね。さらには自転車業界外の意見も無視できません。ですからいろいろな仲間がいます。そしていろいろな意味で助け合っています。お店としても技術ノウハウの有無より、例え失敗があったとしても最後までお客様の満足が得られるまで頑張れるかどうかが重要だと考えています。人間関係と同じですね。
残念ですが私も含め、コンプレックスを持っているほど優劣意識やステイタス性などでお店や人を見てしまいがちですが、先入観や偏見といったものに惑わされて、せっかく建設的なお付き合いができるチャンスを自ら拒んでしまうことがあります。例えば私が時々残念に思う事は、私が自転車好きのおやじという立場で知り合った人達と、自転車店を経営してる人間として知り合った人達と、明らかに私との付き合い方に相違があることです。現実的にまったく同じにはいかないのも理解はできますが、少なくとも私は皆さんをお客さんとして見たり、知り合い仲間として見たりと区別はしていません。大袈裟ですが、ここは自由主義社会の日本です。法に触れなければ、どこで何を買おうと売ろうと自由ですし、合理的なチーム意識は良いかもしれませんが、特権意識や差別意識から徒党を組むような、やはり自らの世界を小さくするような考えは当店及びうちの仲間にはまったくありません。ですから売買行為がない人達も、他の小売店、同業者さん達にも大勢仲間がいます。もし機会がありましたらうちの仲間に声を掛けてみて下さい。すばらしき仲間達、保証します。そしてもし興味を持っていただけたら何気なく訪ねてみて下さい。きたない所ですが・・・では、また。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-09 03:01 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 04日

THOMSON ELITE X4 STEM

b0049658_21334616.jpg

これからの主流、31.8mmハンドルクランプ径のトムソンNEWタイプステムです。人気の50mm、0ライズで実測175g、溶接のない美しい軽量ステムです。従来のウス止めタイプではなく安心のボルト2本止めです。従来の25,4mmハンドルクランプでも使用できるシム付タイプもあります。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-04 21:47 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 03日

DEMO

b0049658_0375195.jpg

私が今まで乗ってきた歴代のDHバイクは何台だったのか。残念ながら私もいろいろな先入観を払拭できず、良くも悪くも最初の期待と違った経験は多々ありますが、そんな中こんなにも乗って楽しいと思えたバイクはありませんでした。私も一般の立場なら同じでしょうが、最初からこのバイクを指名してくるお客様は多くありません。しかし一度、山で乗らせてみると、ほとんどの仲間が欲しがるという、実にめずらしいバイクです。さらに自転車の世界も例外ではありませんが、購入時のルックス、重量など諸々の選択基準をすべてを考え直させられてしまいます。これに乗ってしまうと、もう自分のバイクに乗るのが苦痛になってしまう、と言った仲間も現在製作中です。私は04年度、このバイクに百余日乗った感想は、性能、耐久性、そして楽しさと言ったあらゆる観点でこれを上回るものを今後果たして見つけられるかどうかという心配です。まあ引退間近の私には余計な心配でしょうが、逆に引退前にこのバイクに出会えて、ほんとうに良かったと思います。
[PR]

by kbrosf1 | 2004-12-03 01:07 | 紹介/参照 | Comments(0)