人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 27日

my dear old suspension

b0049658_18444993.jpg

1997年に発売されました「Marzocchi Z-1」は、私にとっては「サスペンション元年」でした。明らかに重量が足かせになって進化を遅らせていた業界に、それ以前のサスペンションとは一線を画すものとしてデビューしました。さらには、うちの仲間が挙って購入した高額な1998の「super T」と1999の「Z-1 Dual」の2本は、その後の廉価版とは異なる、まさにファクトリーモデルでした。しばらく使ってはいませんでしたが、理由あって私も1本ずつ所有してきました。
このパーツ、おわかりでしょうか?10年以上の時を経て、これを使う時が来ました。私がこれまで作ってきたMTBより、ずっと難易度の高いものに挑戦します。MISI師匠の手も借りなければなりませんね。

by kbrosf1 | 2011-09-27 19:13 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 19日

My holy place II

b0049658_10113669.jpg

昨日に続き、今日も「ピンテールガンボード」です。昨日のボードは、ちょっとクラシック・・・替わってこのボードに乗ってしまうと、他メーカーのどんな形式のボードでも、いかに不要なリアの動きがあるのかを思い知らされます。故に不要なコンプもかけずに済みます。さらに押し戻りの切り替えラグのない「Double Barrel」と相まって、私の乗ってきた諸々のバイクとは異次元のリアサス特性が得られます。レールひとつなんですけどね・・・これ以上、何も望む事はありません。

by kbrosf1 | 2011-09-19 10:29 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 18日

My holy place

b0049658_12493119.jpg

わかる人には、すぐにピンときて笑いながら理解していただけると思いますが、これが「ピンテールガンボード」です。予想どおり低気圧が近づいてるので持ち出しましたが、朝一番だったこともあり、予想どおりビッグウェーブゲット!体じゅうに大きな電気が走りました。これだから止められません!
この場所で写真を撮るのは初めてですが、マウンテンサーファーの私にとっては、ここが「聖地」です。いつものとおり、サーフパンツとビーサンで感動の下りを終え、この場所でマイナスイオンを浴びながら聖水?で、体も心も浄化できます。特に日曜日は、この場所に戻って来るのを9時40分に合わせ、NACK5 H.I.S. presents KONISHIKI LEALEA SUNDAYを聞きながらのシャワータイムは、ハワイアンローカルサーファーの気分です。
ここに来てやっと、自転車もライディングも思い残す事は何もない心境になりました。今までお世話になった方々や環境に改めて感謝ですね。

by kbrosf1 | 2011-09-18 13:05 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 17日

the ultimate end

b0049658_1842071.jpg

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、このフレームに、このユニットが・・・達成されましたね。
私も二本目の「double barrel」、注文しました!

by kbrosf1 | 2011-09-17 18:11 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 16日

Goodbye Black Top Road

b0049658_22143549.jpg

ここに、こんな時間帯に来たのは何年ぶりでしょうか?なぜか「Goodbye Yellow Brick Road」を口ずさみながら上りました・・・

by kbrosf1 | 2011-09-16 21:31 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 11日

DEMO"6"

b0049658_16101016.jpg

今は無き「DEMO9」・・・303RDHで、やっと心残りが解消されましたが、この古い「BIG HIT」が「ミニDEMO」ならぬ「DEMO6」として甦った感じです。「DEMO」のジオメトリーに変更できたのも、元々リアサスの取り付け位置のバリエーションが多かったからですが、決め手はユニットの軸間を詰めました。お陰でリア24インチのハンデが、ここまで無くなるとは思いませんでした。となると、一段とコーナリングスピードと斜度がエスカレート・・・SPECIALIZED社は、当時からわかっていたようですね。
マウンテンサーフシーズンも終盤です。今週末は、この「スカッシュテールショートボード」を堪能して来ました。来週は「ピンテールガンボード」に戻ります。

by kbrosf1 | 2011-09-11 16:26 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 10日

notch

b0049658_1637105.jpg

現在私の手持ちホイルはすべて、タイヤの空気圧が比較的高かったりパンクも無く転倒もしないものですから、振れ取りひとつせずにずっと使えています。ですから新調する理由は、ハブやリムの規格変更による場合がほとんどです。最近のリアハブのノッチ数はどんどん多くなっていて、私のようにペダリングより、リアの動きに「悪さ」をしないリアハブを好む人間には、選択肢が限られてきました。
このXTのリアハブは手持ちの中でも最も少なく、16ノッチです。お陰でAS-Xのようなハイピボットバイクでも快適に乗れます。リアハブの「悪さ」も、リアサスの形式やストーロークスペックによって変わりますが、ノッチ数が少なく、フリクションのない、軽量で耐久性のあるリアハブも作り続けて欲しいものです。
という事で、06月 21日の記事の「ノッチ数の少ないリアハブ」は間違いではありません。ご指摘ありがとうございました。

by kbrosf1 | 2011-09-10 17:07 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 06日

零号機 II

b0049658_1922276.jpg

「もっとpowerを!」という事で、22kgのバイクの制動を担うキャリパー変更でした。
一般的にはまったく相手にされないであろう、でっかいモンスター仕様のヘビー級DEMO9に「Double Barrel」で、完全体といったところでしょうか?

by kbrosf1 | 2011-09-06 19:08 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 05日

オシャレは足元から?

b0049658_1655673.jpg

このバイクはパーツ類も含め「ジャンク」として放置されていたもので組んだものですが、あまりにもの楽しさに今回ホイルとペダルを変更しました。「おぼん10」に乗せられて購入したものですが、ホイルとペダルで約600gも軽くなるとは思いませんでした。私の場合、フレームとフロントサスのへたな軽量化は絶対に許せないのですが、バネ下、回転部、特に外周の軽量化は大歓迎です。このバイク、オークションに出品したら恐らく安くても落札されないものかもしれませんが、今の私にとっては手放せません。下り系もカーボンの波が押し寄せているようで、これからは良質な「アルミ物」が格安で手に入ると思います。チャンスですよ、皆さん!

by kbrosf1 | 2011-09-05 18:59 | 徒然 | Comments(0)
2011年 09月 03日

トンボの鉢巻き

b0049658_12395183.jpg

今日は予報に反し天気に恵まれ、気持ち良い爽やかな風の中で遊べました。トンボも気持ち良さそうです。
これまで、たくさんの「エアサス」を見させていただきましたが、このバイクとこのエアサスよりフリクションの少ないものは今まで見た事がありません。最新のカシマ仕様のものも先日見る機会がありましたが、このバイクとは比べ物になりませんでした。理由は通常であれば、「シール」と「アイレット部DUとレデューサーまたはシャフト等」のフリクションと思われます。実際、初めてオーバーホールでお預かりする、特にエアサスのDUとレデューサー等の固着したものが多いのには驚かされます。サグ設定、セッティング、カシマコート・・・これではあまり意味がありませんね。
さて、へたな軽量最新モデルよりできの良いフレームに、スタックダウンも生じず頑張っている旧型シールのとてもスムースなエアサス仕様のバイクですが・・・やはり私にはダメですね。特にSpherical bearing仕様のDouble Barrelを知ってからは、あまりにもの違いに、車種、クラス違いの割り切りもつきません。やはり私に「自転車」は理解できないようです。

by kbrosf1 | 2011-09-03 14:02 | 徒然 | Comments(0)