<   2012年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

unlimited use

b0049658_19272377.jpg

仲間達のお陰で、こんなに使い放題?です。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-30 19:29 | 徒然 | Comments(0)
2012年 11月 28日

CANE CREEK DOUBLE BARREL II

b0049658_1716159.jpg

ちょっと削ったり磨いたり、スプリングを取り寄せし直したりしましたが、無事装填できました。最近は、Double Barrel仕様のフレームなら何でもいい!って感じです。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-28 17:19 | 紹介/参照 | Comments(0)
2012年 11月 25日

regularly

b0049658_1191255.jpg

5:45 起床、気温-2℃、エスプレッソマシンの温まる間にバイクを積んで、6:00 出発、東がうっすら明るく、6:30 山の麓に到着、気温0℃、1本目スタート、薄いグローブの中の手が冷たいのが2本目からは温まり、3本目の上りの激坂で日が差すとちょっと暑いくらい、8:50 3本目下り終え車に到着、気温6℃、帰途に、9:20 帰宅、すぐに朝風呂、とってもいい気持ちです!その後は、腹減ったー!の楽しみです。
サスペンションもセッティングには膨大な時間を要しますが、機械的なオーバーホールなら慣れたものなら10~20分作業です。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-25 11:31 | 徒然 | Comments(4)
2012年 11月 24日

birds of a feather

b0049658_18185097.jpg

確かに、一見同じ様に見えますね・・・
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-24 18:20 | 徒然 | Comments(0)
2012年 11月 23日

The sound of fallen leaves

b0049658_9514949.jpg

走行中の「落ち葉」の音が、とても心地良いシーズンです。降られる前に乗れました。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-23 10:03 | 徒然 | Comments(0)
2012年 11月 21日

X-Vert Carbon III

b0049658_1120475.jpg

ハマーシュミット仕様でこのバイクも、いよいよ本格的な「XCバイク」として活躍できますね。インナーチューブの長い(気室の大きい)タイプの「X-Vert Carbon」も絶好調です!
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-21 11:47 | 紹介/参照 | Comments(0)
2012年 11月 20日

width II

b0049658_7283998.jpg

上りは「押し」がメインの私に、リモートで可変できるシートポストは必要ありませんが、走行中瞬時に可変できるハンドルが欲しいですね。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-20 07:34 | 徒然 | Comments(2)
2012年 11月 18日

changing color

b0049658_10375687.jpg

毎年同様ですが、異様でもあります。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-18 10:45 | 徒然 | Comments(0)
2012年 11月 17日

Green Beret II

b0049658_16291439.jpg

やはり行き着くところは、ÖHLINS Double Barrel!ポン付けできないのは、私のAS-Xと同じでした。でも、ちょっと試乗しただけで、ええ具合ですよIIMR君!
今朝一の山も暖かくて良かったですよ!
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-17 16:32 | 紹介/参照 | Comments(2)
2012年 11月 13日

How many combinations?

b0049658_18133657.jpg

Double Barrel仕様になってから、リジットバイクの乗り味がわからない鈍感な私でも、とてもわかり易くセッティングできるようになりました。一度スプリングレートとレバー比を高くして、減衰量を変えていろいろ試しながら乗りましたが、おもしろい、おもしろい!これも調整が独立しているが故の「わかり易さ」からでしょう。厳密にはフレームリンクによる入力特性が6.4inchと7.1inchでは異なりますが、リアの特性のみが比較できるよう、実走時のフロントのキャスターやBBハイトも、ほぼ同様にしました。リンクによる入力角度やリザーバー容量の可変による、昔から言われる「ふんばり」なーんてのも場合によっては始末が悪く、どの位置からのストロークでもcompressionが、わかり易くかかります。
Double Barrelの場合、IDが同じmanitouのスプリングも使えるのですが、表記が同じでも純正とmanitouの実レートが異なるので、特にレバー比の低い最近のバイクには細かくスプリングが選択できるのも良いですね。
[PR]

by kbrosf1 | 2012-11-13 18:45 | 紹介/参照 | Comments(0)