人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

Specialized DEMO9 III

b0049658_17011539.jpg
約1年ぶりに、またオークションからやって来たDEMO9、先程届いた状態です。さて今度のライダーでどの様に変貌するのでしょうか・・・やっぱり、羨ましいぞ!

by kbrosf1 | 2014-01-31 17:12 | 紹介/参照 | Comments(0)
2014年 01月 26日

fixed point shoot XI

b0049658_18580620.jpg
上りの時のこの坂は日当たりが一番長く続くところなので、最も暖かい場所です。今朝も早くから来ていたのですが、この写真を撮ったのはラスト一本の時9:39AM、今年初めて「暑い」を感じました。
確かに軽量なバイクは押すのではなく乗って上れるところが多くなります。でも結局それで疲れてしまうので、私の場合は上りも軽量バイクの恩恵はありませんね。しかし、この軽量ショートホイールベースの軽快バイクも「おもり」のおかげで、重心の低さと位置の明確さが格段に増し、安定度とコントロール性が上がってV-10同様さらに魅力的になりました。

by kbrosf1 | 2014-01-26 19:20 | 徒然 | Comments(0)
2014年 01月 25日

This morning in Tsukuba XI

b0049658_12215291.jpg
三寒四温の始まりでしょうか、今週末は暖かいと聞いて、さすがに「ブレスサーモ」では行けませんでした。このところのバリバリ霜柱がないのがちょっと寂しい感じでしたが、いつものイノシシ猛突進ライドではなく、ウサギライドってな感じで楽しめました。改めて絶大な0.5kgのおもり効果を思い知らされます。

by kbrosf1 | 2014-01-25 12:54 | 徒然 | Comments(0)
2014年 01月 22日

INTENSE Uzzi SLX II

b0049658_17005262.jpg
2005年 04月 03日の記事のような使われ方をしたこのバイクも現役を引退、年に一度か二度しか乗らなくなってしまいました。この仕様で14.8kgでしたが、ふと「SGRロジック」を思い出しダウンチューブ最下部に500gを巻き付けて15.3kg、まだまだ17kgには程遠いのですが、感想は・・・やっぱ、おもしれーーー!!!同じバイクとは思えない程の変貌でした。稼働率が上がりそうです。


by kbrosf1 | 2014-01-22 17:16 | 紹介/参照 | Comments(0)
2014年 01月 21日

TREK OCLV carbon

b0049658_17211898.jpg
現在、山で乗っている自転車の他にも、何台か所有しています。TREK Y FOILもそうですが、このバイクも使用時間は短いものでした。バラしてあると邪魔なだけですので余り物で乗れる状態にして、年に2,3度位のお使いバイクです。今のモデルはもっと軽量なのでしょうが、FOXの初期型コイルサスや超ヘビー級ブチルチューブ、ワイヤービードタイヤなどの仕様でも10.5kgというのは驚きです。ただ、このバイクも角材に五寸釘を抜いたものに乗ってもパンクしませんので、災害時には活躍しそうです。

by kbrosf1 | 2014-01-21 17:43 | 紹介/参照 | Comments(0)
2014年 01月 20日

mizuno breath thermo

b0049658_19150645.jpg
自転車業界ではありませんが、サポートというか協賛というか、本田圭佑選手も使っているという厳寒用ウェアをいただきました。今まで使ってきたものより確かに軽くて暖かくて快適、せめてのお礼に写真を一枚・・・返ってイメージ悪くなりますね。

by kbrosf1 | 2014-01-20 19:31 | 紹介/参照 | Comments(0)
2014年 01月 19日

This morning in Tsukuba X

b0049658_10443872.jpg
山に近づく程わずかに積もる雪が降ったようで、落ち葉に雪のトッピングされたトレイルを楽しんできました。ただ愛用しているV-10 CARBON musical IIIで紹介した薄型軽量シューズは雪に弱かった・・・上りの歩きで雪の冷たさがダイレクトでした。ビーサンよりグリップはしますが・・・


by kbrosf1 | 2014-01-19 10:59 | 徒然 | Comments(0)
2014年 01月 18日

This morning in Tsukuba IX

b0049658_14150433.jpg
今朝は-6.3℃・・・日の出時は曇っていたので覚悟して行ったのですが、このところ-8℃台も味わっていたこともあってか比較的暖かく感じました。今冬はちょっと寒いですが、この辺りは今のところ雪に困ることなくきています。
今年もコンスタントに山に来ていますので、とにかく「楽しさ」が維持できています。年齢を重ねる程、遊ぶ為の体力が心配に・・・今年も年間180日くらいは山に来られると思いますが、一日の本数は少なくなるかもしれませんね。

by kbrosf1 | 2014-01-18 14:44 | 徒然 | Comments(0)
2014年 01月 16日

weight III

b0049658_17462656.jpg
MTBで最初に山に行った時は、上りは辛くて下りは恐くて二度と来るもんかと思いました。二輪はオートバイがベースだった事もあり、特にエンジンのない事や現在よりお粗末なMTBだった事で、すぐに楽しみを見出せませんでした。特に下りの恐ろしさ(限界の低さ)は、どうしてなのか・・・やはり自転車の「軽さ」という結論でした。オートバイの車重が自分の体重を下回るものなどないのに、自転車は大きく逆転して体重の数分の一、要は頭でっかちマッチの棒ですから当然ですね。そう気づいても、下る前には上りあり・・・上りを少しでも楽にしようと軽量化に走りましたが、下りは???そんな中、自転車業界で大きなヒンシュクを買いながらも、徐々に「下り」を主にしたバイクが開発され、私達は待ってましたと大歓迎、現在に至っています。当時訪ねたプロショップなどでも、「重い」「邪道」などという単語がポンポン出てきたのを憶えています。人間がエンジンという自転車の世界ですから仕方ないと思いますが、安定した下りを実現する剛性等を確保する重量増や当時「邪道」とも言われたサスペンション、オイルものに対する抵抗等、今でさえも「遊び方」による機材に対する考え方の切替ができない意見も横行しているように感じる質問を受ける事があります。自分は機材や遊びに100%満足できているのですが、他人の事は今でもよくわかりませんね。

by kbrosf1 | 2014-01-16 18:52 | 紹介/参照 | Comments(0)
2014年 01月 12日

weight II

b0049658_13575958.jpg
リアサスと共に、私の体重対バイク重量比の目安「a ratio of 3 to 1」・・・現在、山で遊んでいるバイク達の中では、V10(8.5)とこのバイクの2台が17kgを下回る「要注意バイク」です。例外もありますが、現在の私の場合のほとんどは、17kgを下回る自転車での山遊びは怖いだけで楽しくありません。
ICMR師匠のおかげで、as-Xを持ち出さずとも例外BIG HITでso excited! 上下左右にスムースなトレイルが帰ってきました。霜柱のせいか、「最後のひと降り」の斜度が徐々になだらかになっていますね。

by kbrosf1 | 2014-01-12 14:39 | 紹介/参照 | Comments(0)