人気ブログランキング |
2005年 02月 22日

ユニット

ユニット_b0049658_16291896.jpg

F.サスをチェンジしてみたら同じバイクでも激変した、なんて経験をお持ちの方々は多いと思います。R.サスユニットも同様、バイクの性格が変わります。これらも自転車の楽しみのひとつでしょう。残念ながら現在、市販品のR.サスユニットの俗に当たり外れにはすごいものがあります。オイルが噴いてしまったり、使用中突然異音を発生してみたり、OOO機構が働かない、特に私のように体重が軽いライダーがレートの低いスプリングを使用すると、戻りの減衰調整を最弱にしても、どっこいしょ、というくらいモッサリしてたりで・・・最近の押し側の減衰の強いタイプは振動収束スピードが速いのが長所、その分以前のタイプより戻りを速くしても乗れる筈なのにその良さが生かせません。さらにはF.サスとのバランスを取るセッティングにも限界が・・・言い換えれば、こんな良いフレームなのに、もったいなーい!なんて思います。何がいいんですか?という質問が多いのもわかるのですが、外れでないものをライダーの好みに合わせれば当然何でも良いとしか言えません。私も一消費者、ペダリングが軽いだの何だの言う前に、根本的な部分でメーカーさんに完成度をもうちょっと高めてもらいたいものです。

# by kbrosf1 | 2005-02-22 17:17 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 02月 22日

この小さなスプリングが・・・

この小さなスプリングが・・・_b0049658_323370.jpg

Pテンションスプリングと呼ぶものです。通常のドライブトレインにおいてチェーンテンションを担っているのは、たったひとつのこの小さなスプリング。どんな優れたF.ディレーラー、チェーンデバイス、チェーンラインセッティングであろうと、このスプリング圧が弱くなるとチェーンがあばれたり外れたり、最悪はとんでもないトラブルの原因にもなります。ホンダのバイクのような特別なものを除き、ハイピボット方式と呼ばれるような特にロングストロークのフレームなどストロークにおけるBB~後輪軸間の長さの変化が大きいものほど、チェーンの長さも含め注意が必要です。R.ディレーラーに使われている他のスプリングも含め俗にヘタリ防止を気にするなら、長時間自転車を保管しておくときに、トップノーマルならトップの状態、ローノーマルならローの状態で後輪を外しておくことをお勧めします。時々チェックして必要に応じて交換したり、起点位置を変えて強くすることをお勧めします。¥105から¥126のものですから。

# by kbrosf1 | 2005-02-22 03:25 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 02月 18日

自転車が変わっても・・・

自転車が変わっても・・・_b0049658_15265961.jpg

私は一般的に言うチビの短足です。とりあえず自慢するでもなくコンプレックスがあるわけでもないのですが、ロングストロークのバイクの出現と共にサドルの高さには悩まされました。乗り易いサドル位置だと6から7インチくらいが限界、8から9インチのフレームだとBBハイトの低いものをチョイスしてもXCポジションになってしまいます。個人的には自転車の展示会にあまり興味はないのですが、ある年の展示会で血眼になって探し当てたこのサドル、BONTRAGER RACE LITEです。薄いだけでなく後方が三角状にカットされており、さらにはレール及び取り付け部も最低限度に薄くて奥まっているのでフルストローク時には後タイヤがまるでサドルの中に包み込まれるようにギリギリまで干渉しません。一般的なサドルより3cmから5cmくらい低くできます。このサドルのデザイナーがDHバイクの用途を考慮したとは思えませんが、私にとってロングストロークバイクを乗り続ける限り手放せないもののひとつです。

# by kbrosf1 | 2005-02-18 16:06 | 紹介/参照 | Comments(2)
2005年 02月 12日

M3

M3_b0049658_1461984.jpg

以前から私を知っている方ならおわかりだと思いますが、お恥かしながら約5年ぶりにTEAM YAMAHAのユニフォームを着る時がやってきたようです。

# by kbrosf1 | 2005-02-12 01:52 | 徒然 | Comments(0)
2005年 02月 11日

SPIDER

SPIDER_b0049658_1515288.jpg

フリーライドという言葉がありますが、どの様な自転車を選択してどの様な遊び方をしても自由です。DHバイクで登ったりツーリングしたり、果てはロッククライミングする人までいるんです。自分には不可能だと思うのも自由ですが、なるべく偏見や先入観で自らの楽しみの可能性をつぶしたくありませんね。
このフレームも時流に乗って生まれてきたものでしょう。競技非競技、XCと呼ぼうが下り系だろうが、使用者のスキルに至るまでかなりのフレキシビリティーを備える素晴らしいフレームです。

# by kbrosf1 | 2005-02-11 15:35 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 02月 04日

Specialized 05 S-Works Enduro ver.ssx

Specialized 05 S-Works Enduro ver.ssx_b0049658_16495983.jpg

世の中多種多様のバイクが出まわっています。考え方で選択も変わるでしょう。DEMOシリーズ(このバイクも明らかにDEMO系でしょう)は一般的に、デザインやメイドイン何とか、ステイタス性などといった表面、イメージで選択をする方々には相変わらず興味のないものかもしれませんが、世の中皮肉なものですね。このDEMOシリーズを乗り出すほとんどの人達は一般的に、高額なトップスペックとか、カリスマ性とか言われるバイクから乗り換えています。
写真のバイクは一般ライダーのサポート車、ペダル無しの段階で13kgちょうどでした。DEMO8や9以上に色々な方向からのアプローチのできるバイクですので、データは莫大となります。故に色々なテストケースが必要となるわけです。

# by kbrosf1 | 2005-02-04 17:32 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 01月 20日

Specialized 05 DEMO8

Specialized 05 DEMO8_b0049658_14105881.jpg

フレームは昨年入荷済みでしたが、完成車の方がやっと入荷しました。なぜ遅れたかは皆さんご存知ですね。私が1年以上テストライドしているDEMO9よりかなり軽いので、軽くなったハンデがどのくらい少ないところで軽さを生かせられるか、DEMO9の傑出した特長が残されているか、が楽しみですね。DEMO9同様、乗ったら笑いが止まりませんよ!

# by kbrosf1 | 2005-01-20 14:25 | 紹介/参照 | Comments(2)
2004年 12月 25日

THE BIKE MARKET/04年の反省~05年へ向かって

やはり私も憧れるのは、高額商品であろうとお客様が使って気に入らなかったら全額返金します、という事だけの説明で売る商売です。ストレートにかっこいいと思います。なぜなら売る側にお客様の満足を完全に見抜ける実力を持ち合わせていないと、とんでもないリスクになるからです。私も一消費者です。何かを購入する際の消費者側のリスク(不安)をほとんど払拭してくれるこの言葉を出してくれるお店にはほとんど出会ったことがありません。私も一人間です。自分の都合の悪くなるような事はあえて言わないでしょう。ここが肝心なところです。だからこそお互いのリスクを少しでも軽減できるコミュニケーションや工夫が大切ではないでしょうか。
一般的に道具にオールラウンド性を求めると最後は必ずどっちつかずになります。使用者すべてに良い道具なんて存在しません。MTBも例外ではなく年々多種多様化しています。例えばフロントサスが良い例です。一昔前では信じられないくらいの機種とグレードが販売されるようになりました。特に初めて購入しようとするお客様にすべてを言葉だけで説明しようとしたら学校を作って授業に出て欲しいくらいです。
商売はある意味、これでどうだ!という価値観の押し売りでもあるのですが、忘れてはならないのは売る側が供給する前に需要にどれだけ適応させられる能力があるかだと思います。それには普段から色々な角度、視点で物事を捉えられるよう努力しなければなりません。人にはそれぞれ事情というものがあります。そして好みや欲しがる部分が違います。以前あった話で、リアセンターの長いDHバイクをそれだけで否定した方がいたのですがリアセンターの論議は別として、あるライダーはロングストロークのDHバイクに乗りたくても背が小さくサドルが下げられずなかなか選択肢がなかったところ、やっとリアセンターの長いもので実現できたという事がありました。ちなみに私もチビ(正確には短足)なので、特にリアセンターの短いDEMO9のタイヤに干渉しない最低サドル位置はほぼXCポジションのサドル位置です。
最後に神が創ったかどうかは私もわかりませんが人間そのものから比べたら、所詮人間が作った自転車、はっきり言って簡単です。より豊富な経験、視点、アプローチを身に付けながら、お互い自転車ライフをより充実させましょう。

# by kbrosf1 | 2004-12-25 23:16 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 23日

DEMO9 FOX ver.1.2

DEMO9 FOX ver.1.2_b0049658_16375896.jpg

これが本日シェイクダウンのDEMO9です。DEMO9のシャーシー特性とRサスユニット特性を多種多様の組み合わせでテストするものの中の1台です。現時点ではストリーム系の用途でFOXとの相性を好むライダーが多く、落ち系の用途でMANITOUといった感じですが・・・

# by kbrosf1 | 2004-12-23 16:48 | 紹介/参照 | Comments(0)
2004年 12月 23日

FOX DHX

FOX DHX_b0049658_235365.jpg

SPVとかPRO PEDALとか聞くと、ペダリングを軽くする事ばかりに視点がいってしまいますが、FSRリンクやVPPなどリンク構造でペダリングインフルーエンスの出にくいものほど逆にRサスセッティングのバリエーションが広がると思います。巷では何がいい何が悪いなどと色々なお話を聞きますが、何を使ってどう料理するかが肝心ではないでしょうか?セッティングはどちらかを立てればどちらかが立たずです。ペダリング、振動収束スピード、挙動変化、グリップ・・・諸々のファクターを考え、単にフレームとかサス、タイヤ単体ではなく、すべての組み合わせでそれぞれの担当、役目を考え、総合的にそれぞれの弱点を補い合える少しでも高い次元での妥協点を見い出す事が大切だと思います。

# by kbrosf1 | 2004-12-23 03:09 | 紹介/参照 | Comments(0)