人気ブログランキング |
2005年 09月 23日

SL-M800

SL-M800_b0049658_1625980.jpg

お待たせ致しました。

# by kbrosf1 | 2005-09-23 16:04 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 09月 21日

JAPANが2本?

JAPANが2本?_b0049658_2139246.jpg

販売が終了してどのくらいになるでしょう。このリムほど色々な逸話が多かったものもめずらしいと思います。今から考えれば、このようなとてもスイートスポットの狭いプロダクツを販売したメーカーさんの勇気に感服します。乗ることだけでなく、組む際も気を遣わないととんでもない事に・・・発売当時のリム打ちのマージンの小さいタイヤとの組み合わせも、ギリギリで攻める使用においては実際辛いものがありました。文句を言って使わなければ簡単な話なのですが、どういう人がどういうシチュエーションなら問題なく使えるのか、機材の限界内で遊べるようになることや組み方も含めて良い勉強になりました。

# by kbrosf1 | 2005-09-21 22:13 | 紹介/参照 | Comments(2)
2005年 09月 13日

お忍び?

お忍び?_b0049658_14405750.jpg

わざわざ海外から某メーカー、大物さんが訪ねてくれました。こういう場合、私の貧しい発想だとすぐに益子と日光しか出てきません。しかし自転車の話よりデジカメの話が多かったのはご時勢なのでしょうか。先生やHさん、島田師匠、そして田中カメラマンのお話が役立ちました。ここがどこかすぐにわかるのは侍君でしょうか?

# by kbrosf1 | 2005-09-13 15:03 | 徒然 | Comments(6)
2005年 09月 09日

Specialized 06 DEMO8 pro

Specialized 06 DEMO8 pro_b0049658_1220039.jpg

フロントリア共にFOXになり、市販車においても大きなアドバンテージが生まれたのですが残念です。07モデルは・・・

# by kbrosf1 | 2005-09-09 12:22 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 09月 09日

Specialized 06 DEMO8

Specialized 06 DEMO8_b0049658_1217696.jpg

これもまた日本での販売の予定はありません。

# by kbrosf1 | 2005-09-09 12:19 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 09月 09日

Specialized 06 DEMO9

Specialized 06 DEMO9_b0049658_12133977.jpg

カナダなどで大人気のバイクですが、06年度は日本では販売されないようです。

# by kbrosf1 | 2005-09-09 12:16 | 紹介/参照 | Comments(1)
2005年 08月 31日

SAINT HUBS

SAINT HUBS_b0049658_1519445.jpg

このハブの出現で取付剛性、精度の高い専用ローターも含め、機能、性能、耐久性、価格・・・そして安全性に至るまで助けられています。

# by kbrosf1 | 2005-08-31 15:25 | 紹介/参照 | Comments(0)
2005年 08月 29日

いつのまにか

いつのまにか_b0049658_164254.jpg

我が家の住人になり、さらに4匹ものベイビーが生まれてしまいました。この先の倉庫の片隅にベイビーがいますが、さすが母親、こうしてガードしているようです。(安易に物を取りに行けなくなってしまいました。)今のところすくすく成長しているようで、おっぱいの時間にはかわいい泣き声も聞こえます。
傍から見れば普通の当たり前のことでしょうが自分の事となれば一生懸命育てること、自転車も売る側からすれば多数のうちのひとつでも買う側からすればすべてである事、一生懸命育てることも忘れたくないものです。

# by kbrosf1 | 2005-08-29 16:18 | 徒然 | Comments(0)
2005年 08月 28日

Munehiko 3

Munehiko 3_b0049658_17113375.jpg

いよいよ、でっかい長男のスタートです。

# by kbrosf1 | 2005-08-28 17:12 | 紹介/参照 | Comments(2)
2005年 08月 25日

ヘッドパーツの変遷

ヘッドパーツの変遷_b0049658_2341927.jpg

この3個のヘッドパーツは同規格(オーバーサイズ)のものですが、左側は皆さん御存知の市販品KING、中央が改良版、右側はさらなる改良版です。さしずめXC用、FR用、DH用といったところでしょうか。市販品のKINGと比較して中央のものは、写真のとおり上のキャップのベアリングの中に入る部分と本体のヘッドチューブに入る部分が延長され、ベアリングも大口径化されています。右側のものはさらに大口径ベアリングを使ったことで内側にクリアランスが生まれ、フレーム圧入する際専用工具なしでベアリング内側の本体を押す事ができます。ベアリングを押しての圧入は論外として、これまで専用工具で本体上面を押すのも本体を開く力が働く事にどうも不安がありました。実際、オーバートルクで圧入されたこの手のヘッドパーツは、本体に圧入されているベアリングが簡単に外れます。フレームのヘッドチューブの上面、内面、同規格でもヘッドパーツ自体の実寸法の相違、スタックハイトなど、無作為に選んでただ付ければよいとはいかないようです。同じ自転車でヘッドパーツのみ変更するとよくわかるのですが、実走行時のハンドリングまで変わります。
ねっ、たOいさん!

# by kbrosf1 | 2005-08-25 13:51 | 紹介/参照 | Comments(0)